かめちゃんの生き辛さ

車で40分程の所にフィールドアスレチックと言って、山を切り開いた手作り感満載のアスレチック施設があります。
随分前からあるらしく、主人が子供の頃にも来た記憶があると言っていました。
以前は一カ月に一度行くぞ!と意気込んでいたのですが、地震の影響で足が遠のいていました。

久しぶりにかめちゃんの成長ぶりをチェックするべく連れて行きました。
今回のアスレチックは感動的な結果でした😂

⚫︎はじめて一度も癇癪を起こさずにゴールまでたどり着けた。
⚫︎今迄怖がってできなかったものが8割程度できるようになっていた。
⚫︎途中衣服が汚れても気持ちを切り替えて前に進めた

遅がけに出かけたので、あまり人もおらず、急かされる事なくゆっくり出来た事もあってか、収穫が多かったです。
一番の成長は、一度も癇癪を起こさず最後までたどり着けた事です。
毎回毎回、服が汚れた、なんかしらん疲れた、うまく出来なかった、なんかわからんけどイライラした…色んな理由でとにかく一度はキーキー言い出し、もう帰るしか無いね…と肩を落としていたのに。
ここのところ癇癪を起こしても、徐々に引きずる時間が短くなって来ています。
パニックへの耐性が付いたというよりも、少しずつ状況判断が出来るようになり、過去のデータと照らし合わせて落ち着ける場面が増えてきたのかなと思います。
運動の面でも、少しずつですが体の動かし方が分かってきたようです。
これも繰り返し経験した事から判断しているような感じがします。

ここの所のかめちゃんは、お勉強面でも、間違い探しにかかる時間がかなり短縮しており、何やら認知機能がわずかに伸びて来たような雰囲気です。

パニックの嵐から少しずつクリアになってきたかめちゃんですが、根深い問題があります。
それは、かめちゃんの二極思考というか、限定的な考え方に固執する拘りです。
自分の考えに囚われ、フリーズしてしまう事があるのです。
それはパニックへの入り口。
拘り通りに物事が進まないと、パニック電車は終点までノンストップで走り出します。

Aが駄目でもBがあるからいいや駅
Aが駄目なら少し待ってみよう駅

普通、よっぽどの事がない限り途中の駅で降りて、妥協したり、代替案で納得できるのでしょうが、かめちゃんは違います。
一旦乗り込んでしまっては、何度途中で声かけて促した所でパニック電車は終着駅まで物凄い勢いで駆け抜けます。
この部分こそかめちゃんの問題の核心だと思います。
逆にいうと、ここさえ何とかなればかめちゃんは随分生きやすくなるとさえ思います。
(本当に、一つ一つの事にいちいち引っかかって葛藤する姿は見ていても気の毒で疲れます。)

色々な考え方があり、駄目でも他の道を辿れば問題は解決する事もあるんだよ、という事を学ぶにも良さそうなので、最近又迷路をやり始めています。
楽しんで取り組めるし、運筆やビジョントレーニングにもなる迷路。
今のところ楽しんでやっています。
d0374813_14353945.jpg
こんな恐ろしい一本橋を嬉々として渡ります。
よく分からんかめちゃんです。


















by ok_mom | 2018-11-23 17:00 | かめちゃんの日々 | Comments(0)

現在5歳。発達凸凹男子、かめちゃんの成長記録です。焦らず、比べず、ポジティブに!でも時々ゲンナリ。 発達トレーニングでかめちゃんの苦手を改善するぞ!!


by ok_mom