人気ブログランキング |

かめちゃん縄跳び大作戦

暖かくなってきたので、かめちゃん縄跳び大作戦をはじめようと思っています。
できるようになるのは何年先のことやら…
協調運動が苦手で、歌は歌うのにリズム感無し。
結局まだ無理だったのね〜パターンも念頭に置いて取り組もうと思います。

運動指導の進め方に載っていたものを参考に、ゲーム性を持たせて臨機応変に進めていこうと考えています。

以下運動指導の進め方より

縄跳び
両足ジャンプ
両足を揃えてジャンプする事を教えます。
足を揃えないままジャンプする癖がつくと、後で苦労する事になりす。
その場とびができたら、電話帳からのとび下りやとび乗りも練習します。

②ジャンプステップ
電話帳へのとび下り、とび乗りを繰り返します。20秒間に20回できるのが目標です。

③棒転がし
棒を数本用意します。
転がれば何でもいいので、家にあるものを利用するならば、ラップの芯などがあります。
板を斜めに立てかけて、その上から棒を一本ずつ転がしていきます。
子供は転がって来た棒をよく見て、タイミングを合わせて飛び越します。
板の傾斜を緩くすればゆっくり、きつくすればスピードアップしますから、大人は子供のジャンプ力に合わせて調節できます。
d0374813_21350208.jpg
上手くタイミングをはかれない子供の手を取って介助する事もできますから、大縄跳びをする前に練習しておくと良いでしょう。
タイミングを自分ではかれるようになったら数本の棒を連続して転がして連続ジャンプを練習します。

④棒回し
大人が棒を持って、縄跳びのように子供の頭上から棒を下ろしていき、足もとでジャンプさせ、背中側を通ってまた前に回すやり方です。
自分の目の前を縄を通ると恐がる子供にはゆっくり大人が回してあげる事で恐さを取り除くことができます。

⑤大縄とび
③、④で子供たちは連続ジャンプのタイミングをはかれるようになっているはずです。
ここでは回数を増やしていきます。
足を揃えて続けて飛べる回数を測定しましょう。
連続に20回を目標にできるといいですね。
なかなか縄に注意を向け続けられない場合、私たちは縄の代わりにホースを使います。
縄より太く、地面についた時に大きな音が出るので「飛ばなければ」という雰囲気が出るようです。

⑥一回とび
いよいよ自分で縄を持ってとびます。
縄回しははじめてなのでゆっくりでも構いません。大人や友達の模倣をして、回してとぶルールがわかればよいでしょう。

⑦大縄大作戦
縄をゆっくり回せても連続してとべるようになるまで少々のかかる人がいます。そのような時には、手首で縄を回す練習が必要です。大縄大作戦とは、大縄に短縄をつけて、大人が大縄の端を、子供が短縄を持ちます。
大人が大縄を回す事でそれについている短縄が自動的に回るので、子供の手首もそれに合わせて動くという訳です。
大縄に短縄を付ける時は蛇腹を通すと縄同士が絡まらずにすみます。
大縄大作戦で手首を回すことがわかっても、大人の介助がなくなってしまうと、自分でどう動かしてよいのかわからなくなってしまう場合があります。
M君は大作戦では楽しそうに回せていたのですが、短縄だけになってしまうとジャンプもしなくなってしまいました。
そんな時に、大作戦のように蛇腹に細い紐をつけて大人が持ち、はじめだけ一緒に縄を回してあげました。すると、その後は続けて一人でとぶことができました。
動きは掴んでいても、最初の一歩が踏み出せなかったようです。
自分で縄を持ち、2回連続でとべるようになったら、リズムがつかみかけてきたところです。タイミングを忘れないように毎日練習していくことで、少しずつとべる回数が増えていきます。励ましながら取り組んでみて下さい。
d0374813_21354467.jpg


以上

できるイメージが全く湧かないな〜。
ぼちぼちやっていきます。がんばれかめちゃん!




Commented by glow-gen at 2018-03-19 15:25
コメントありがとうございました。
すごいな~。この大縄のアイデアって、考えもつきませんでした。かめちゃんママ、絵上手ですね~。専門家ですか?
前の記事でアンガーマネージメントの分析、まさにそのとおりですね。私は、こんなふうにならなきゃおかしい・・・という部分が爆発することが多いです。
え~。なんでこうなるの~・・・と。パニックになります。
かめちゃんは、言語能力が高いですね。やりとりを書いているところを読んで、げんちゃんの昔とくらべて、ため息出ますよ。げんちゃんは、意識の抜けは半端無いんだと思います。相手の話に質問のように、かけあってきたり、は、今でも、たまにしかないような気がします。

ママの熱心さもすごいし、どんどん伸びてくるんだろうな、と思います。

意識のことを、私は、今頃わかったけど、ママは、すでに私のブログで理解されてると思うので、そう言う切り口も、早くにはたらきかけていけば、どんどん伸びていくと思います。
頭蓋仙骨療法も、効果があってほんとによかったですね~・・・今は、げんちゃんは、頭蓋は卒業しました。でも通算3年ちょっとやってもらいました。最後の1年くらいは、ツボ療法でした。
Commented by ok_mom at 2018-03-20 08:05
> glow-genさん

ひぇ〜!げんちゃんママ様、こちらこそコメントありがとうございます。

縄跳びのアイデア、私も驚きました。
発達に遅れのある子の為の運動指導のようです。
でも、そんなに上手くいくのかな〜とも思っています。
そもそもそこまでいけない気もしますが…。

かめちゃんの言語能力が高いと言っていただき、ありがとうございます。
でも、かめちゃんは頭で考えた事が全部口から出てるだけという状態です…。
栓がないからダダ漏れで、ボリューム調節も壊れています🙄
掛け合いのようなものは、周りの人から促される環境というのもあるのでしょうか。
こちら関西なので、話にオチをつけるというか、なんでやねん!みたいなやり取りも保育園で先生指導の元、日常的にされているという事はあります笑(みんなでズコーッみたいな)

げんちゃんママさんのブログで、発達障害は意識障害と知り、アンガーマネジメントに繋がって行きました。やり方に迷いますが、意識の部分も念頭に置いて接して行こうと思います。ありがとうございます。

先程ブログを読ませて貰い、緊張感のある様子が伝わって来ました。
思春期の精神の不安定さや体の成長、反抗期も相まって難しい局面を迎えておられますね。ここを乗り越えたらドミノ倒しの様に一気に流れ出し、繋がって行くイメージがあります。
S先生のような方が身近にいるなんて本当に心強いと思います。
げんちゃんママさんには必要な時に必要な人材が現れますね。人徳だなぁと思います。
私もげんちゃんママさんに出会えて本当にラッキーでした。

絵のことも褒めていただきありがとうございます😊
仕事で描く事があるので、気分転換に自分が楽しめるようにと描いてます。
by ok_mom | 2018-03-19 12:00 | 筋力トレーニング | Comments(2)

現在5歳。 アスペルガーとADHDの特徴を持つ男の子、かめちゃんとの生活を綴ります。 色々な発達トレーニングをしながらかめちゃんの苦手と向き合って行く、かめちゃんと私の成長記録です。


by ok_mom